宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

バイオ茶のこと

みんなの毎日のあたりまえに。

everyday everyone everywhere(いつでも、どこでも、だれでも)

いつでも、どこでも、だれでも、
毎日あたりまえに楽しめる、お茶。
子どもたちのお茶離れを変えられたらと、
昭和61年、上水園三代目上水漸がバイオ茶を作り上げました。
30分ほどで水出しができて忙しい毎日でもらくちん。
うまみと香りに満ち、水のように飲みやすい、澄んだ味わいのお茶です。

みんなの毎日のあたりまえに。

宮崎 上水園のお茶づくり。

霧島山と桜島が見晴らせる宮崎の三股町に
宮崎 上水園はあります。
明治29年創業、太陽と土ときれいな水に恵まれて
お茶づくりをつづけてきました。
30年以上にわたって農薬や化学肥料を使っていない
自家農園で育てた茶葉100%。
自然のバイオリズムに合わせて育て
独自の加工技術によってつくり上げます。

宮崎 上水園のお茶づくり。

スポーツの水分補給に。

運動中もすーっと飲めて、おなかがたぽたぽせず、体の回復が早いと
オリンピック選手をはじめ、アスリートに愛飲されてきました。
平成16年、宮崎陸上競技協会より公式飲料に認定。
スポーツの水分補給はもちろん、簡単に水出しができるので
トレッキングやキャンプなどのアウトドアにも最適です。

スポーツの水分補給に。

このページのTOPへ