宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

お知らせ

お客様の声

2017年7月6日 | バイオ茶の楽しみ方

KOD-45265

 

先日、鹿児島県にお住まいのお客様より、
うれしいお声をいただきました!
これからの季節にはぴったりの活用法ですので、
ぜひみなさまもお試しくださいませー
T様ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

バイオ茶を100円ショップで買った小さな霧吹きに入れて
顔や日焼けでヒリヒリしているところにシュッと一吹きしてます。
いいかも!です。

あと、使ったあとのバイオ茶を乾燥させ、
使用済みオムツを入れるバケツに入れて
消臭剤代わりにも使ってます。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

宮崎上水園では「お客様の声」を募集しております!
ご愛飲いただいて感じられたバイオ茶の魅力、楽しみ方など、
バイオ茶ライフの知恵&活用法など、ぜひお聞かせくださいませ。
http://www.biocha.com/voiceForm/index.html

そのほか、ホームページでもお客様のお声を
ご紹介しておりますのでご覧ください。
http://www.biocha.com/biotea/voice.html

うがい茶

2016年12月12日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0250-1000

 

今年もうがい茶をつくる時期になりました。
飲み終わったバイオ茶のティーパックを、
小鍋でグツグツ10分ほど煮出します。
マイボトルに移したら洗面所へ。

お茶に含まれるカテキンは殺菌作用があって
お水よりも効果的です。

学校から帰ってきた子供たち、
さっそくゴホゴホと咳き込み出したので、
速攻でうがい茶をさせました。
「あっ、イガイガがとれたー」といって喜んでいました。
この冬ぜひお試しください。


 

DSC_0254-1000

サイフォン

2016年11月30日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0163-1000

 

今日も寒い朝でしたね。
基本的に食事のときは一年中水出し茶なのですが、
今日はあたたかいお茶が飲みたかったので、
冷蔵庫につくってある水出し茶を
温めることにしました。

いつもは湯煎やレンジで温めるのですが、
サイフォンで温めるのもなかなか新鮮。
結露したフラスコがじんわり温まり、
蒸気がたっていく様子を楽しみながら、
沸騰させないように
人肌ぐらいに温めていただきました。

水出し茶は水出し用として製茶していますので、
温かいお茶で楽しみたいときは、
このように水出ししたものを温めるのがおすすめです。
お湯で淹れるときは「温茶」をお楽しみください。

お茶シェイク

2016年6月29日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0142-1000

 

バイオ茶の茶葉をまるごと微粉末にした
颯々は、抹茶のようにドリンクにしたり、
料理やお菓子にも使える、隠れた人気者です。

私たちのおすすめは
マイボトルに水といっしょに入れて
シェイクしたドリンク!
茶葉がまるごととれてとてもさわやか!

 

IMG_0856

 

【用意するもの】
颯々 約小さじ1(お好みで調整)
お水 500ml
ボトル

【作り方のポイント】
シェイクするときは、一度にたくさんのお水を入れずに、
まず少量のお水でお茶を溶かしてから、
分量のお水をいれてください。
ダマにならずにおいしくいただけます。

こちらは本サイトのオンラインショップで
取り扱っていますので、
ぜひチェックしてみてくださいませ。
品切れになっていましたマイボトルも入荷しました。
携帯にぴったり、オフィスの机においておくにも
スリムで便利です。

颯々はこちら
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?tid=3&mode=f8

マイボトルはこちら
http://shop.kamimizuen.com/?pid=80230376

 

ミルクをいれてお茶ラテに。
ときにはこんな楽しみかたもおすすめです。

DSC_0160-1000

水出し焙煎茶

2016年6月23日 | バイオ茶の楽しみ方

IMG_0240-1000

 

上水園の焙煎茶、この夏はぜひ水出しでもお楽しみください!

最近はイベントでも、水出し緑茶と、
この水出し焙煎茶をお試しいただくのですが、
香ばしくてすっきりしていると好評で、
水出しでもこんなに風味があるんですね!と驚かれます。

作り方も簡単です。
お水1リットルに2パック入れるだけ。
焙煎茶の場合は4〜5時間ほどおいてもらうと
美味しくいただけます。
一晩おくとさらに美味しいですよ。
食後や甘いものの後など特におすすめです。

 

IMG_0218-1000

 

IMG_0087-1000

 

このページのTOPへ