宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

お知らせ

冬のバイオ茶の楽しみ方

2017年11月17日 | バイオ茶の楽しみ方

dsc_0011-1000

 

あたたかいお茶が恋しい時期になりました。
先日のササヤマルシェでも焙煎茶が人気で、
苦味がない、すっきりしていると好評でした。
上水園の焙煎茶は、超高温の300℃で焙煎しているため、
苦味やえぐみのない、後口すっきりの美味しさが特長です。
煮出す手間もいらず、お湯を注ぐだけでおいしく淹れられます。
写真のように卓上ポットにティーパックを入れておけば、
いつでも楽しめるのでおすすめです。
苦味が出ないので、途中で引き上げなくても大丈夫ですよ。

>ほうじ茶
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2249943&csid=0

 

 

dsc_0255-1000

 

こちらは、everydayシリーズの温茶。
お湯を注いでいただく、あたたかい緑茶です。
一番茶を中心にブレンドしておりますので、
お茶の甘みをより感じていただけます。
カップで手軽に淹れられるように、everyday温茶はひも付きです。
オフィスでもアウトドアでもぜひ緑茶をお楽しみください。

>お湯出し茶
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249942

 

 

DSC_0021-1000

 

バイオ茶の茶葉をまるごとパウダーにした微粉末茶「颯々」。
夏は、お水とシェイクして楽しんでもらう方法をおすすめしていますが、
もちろん!お湯でお抹茶のように点てていただいても!
茶筅がない方は、お水とシェイクした颯々を
レンジであたためるのもおすすめですよ。
ミルクや豆乳と合わせてお茶ラテにしたり、
先日のササヤマルシェでお選びくださったお客様は、
甘酒とあわせておいしかった!と教えてくださいました。
スティックタイプなので、使いたい時にサッと取り出せて
お料理にお菓子づくりにアレンジが広がります。

>微粉末茶
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249944

 

 

dsc_0132-1000

 

我が家では、冬でもかかせない水出し茶。
子供たちの水筒に、運動中に、食事中に、一年中出番の多いお茶です。
ときには、いつも冷蔵庫につくっている水出し茶を
温かいお茶にしちゃいます。
飲みたい分だけカップにいれて、湯煎またはレンジでチン!
以前、NHK「ためしてガッテン」でも取り上げられた
お茶に含まれる、免疫力をアップする成分エピガロカテキンも
水出しにすることによって効果を発揮するといわれています。
これは、お湯で淹れるのではなく、水出ししたお茶を温めるのがポイント!
沸騰させないで人肌程度の温かさでどうぞ。

>水出し茶
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249941

 

 

IMG_3961-1000

 

上水園のお茶はすべて自家茶園で栽培した茶葉100%。
農薬や化学肥料は一切使わず、太陽の光、水といった
自然のエネルギーを最大限に生かしたお茶づくりを続けています。
丹精込めて育てた茶葉は、加工法やブレンドにより、
風味や味わいに特長が生まれます。
ぜひ、いろいろとお試しいただき、
みなさんの日々のお茶として楽しんでいただけたら嬉しいです。

そして、この冬はまた新しいお茶のご紹介ができるかも!?
どうぞお楽しみに!

レンジ茶

2017年9月15日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0016-1000

 

朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。
子供たちは起きてきた早々、
「寒い、寒い、毛布はやく出してー!」と。
もう秋じたくですね。
季節の変わり目、みなさまお気をつけくださいませ。

そんなわけで、今朝は温かいお茶が飲みたくて
颯々をシェイクしてレンジで温めました。
この方法だと茶せんがなくてもOKなので、楽チンです。
茶せんも持っているのですが、面倒くさがりなので、
シャカシャカ、チン!と。

冷たく爽やかに、温めてまろやかに、
どちらの味わいもおすすめです。
ぜひお試しくださいね。

品切れしておりました颯々、
本日オンラインストアにて販売を再開しました。
http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2249944&csid=0

 

DSC_0010-1000

お客様の声

2017年7月6日 | バイオ茶の楽しみ方

KOD-45265

 

先日、鹿児島県にお住まいのお客様より、
うれしいお声をいただきました!
これからの季節にはぴったりの活用法ですので、
ぜひみなさまもお試しくださいませー
T様ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

バイオ茶を100円ショップで買った小さな霧吹きに入れて
顔や日焼けでヒリヒリしているところにシュッと一吹きしてます。
いいかも!です。

あと、使ったあとのバイオ茶を乾燥させ、
使用済みオムツを入れるバケツに入れて
消臭剤代わりにも使ってます。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

宮崎上水園では「お客様の声」を募集しております!
ご愛飲いただいて感じられたバイオ茶の魅力、楽しみ方など、
バイオ茶ライフの知恵&活用法など、ぜひお聞かせくださいませ。
http://www.biocha.com/voiceForm/index.html

そのほか、ホームページでもお客様のお声を
ご紹介しておりますのでご覧ください。
http://www.biocha.com/biotea/voice.html

うがい茶

2016年12月12日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0250-1000

 

今年もうがい茶をつくる時期になりました。
飲み終わったバイオ茶のティーパックを、
小鍋でグツグツ10分ほど煮出します。
マイボトルに移したら洗面所へ。

お茶に含まれるカテキンは殺菌作用があって
お水よりも効果的です。

学校から帰ってきた子供たち、
さっそくゴホゴホと咳き込み出したので、
速攻でうがい茶をさせました。
「あっ、イガイガがとれたー」といって喜んでいました。
この冬ぜひお試しください。


 

DSC_0254-1000

サイフォン

2016年11月30日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0163-1000

 

今日も寒い朝でしたね。
基本的に食事のときは一年中水出し茶なのですが、
今日はあたたかいお茶が飲みたかったので、
冷蔵庫につくってある水出し茶を
温めることにしました。

いつもは湯煎やレンジで温めるのですが、
サイフォンで温めるのもなかなか新鮮。
結露したフラスコがじんわり温まり、
蒸気がたっていく様子を楽しみながら、
沸騰させないように
人肌ぐらいに温めていただきました。

水出し茶は水出し用として製茶していますので、
温かいお茶で楽しみたいときは、
このように水出ししたものを温めるのがおすすめです。
お湯で淹れるときは「温茶」をお楽しみください。

このページのTOPへ