宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

お知らせ

香ばしい

2015年2月27日 | バイオ茶のこと

DSC_0028

 

出来たてほやほやの焙煎茶。
工場には香ばしい香りが広がります。
作業する男性スタッフいわく、
焙煎作業のあと帰宅すると、
「いい香りがする~」と家族が言ってくれるそう。
普段は絶対にありえないことだ。
って言ってました。笑
いい香りはみんなを幸せにしますね♪

 

梅の花

2015年2月23日 | 日々のこと

20150218_181239

 

年の瀬に紹介した梅。
今年も紅白の花がきれいに咲きました!
寒空の中で力咲く梅の花。
色もきれいですが、梅のいい香りが漂って癒されます。
春を感じるものが少しずつ増えると
気分も上がります。

ふかふかの土

2015年2月19日 | お茶畑より

DSC_0005

 

上水園のバイオ茶は無農薬有機栽培。
自家製の有機たい肥を1年に2回、茶畑にまいています。

そもそも、有機たい肥とは?
有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。
肥料といっても、有機物(枝葉や刈草など)を自然に堆積し
水分や酸素を入れながら発酵させ、長期熟成させたもの。
自然由来の原料なので安心安全なんです。
上水園では、自家のたい肥場で
ミネラル豊富になるよう作っています。

ではなぜ、たい肥を茶園に入れるかと言うと
一言でいえば、土壌を柔らかくするため。
たい肥を入れることで、
土の中の空気の隙間が多くなり、根が呼吸しやすくなります。
栄養を吸収しやすくなるんですね。
また、保水力も高まるので、微生物が繁殖しやすく
栄養豊富な土になります。

葉は、空気中の湿度の変化で呼吸する。
根は、それに引っ張られて土の中で呼吸する。

根から葉へ、
湿度を動かし、植物の中の水のめぐりをスムーズにするために
柔らかい土は、とっても大事なのです。

湿度が増す春先まで、茶の木も今はまだ仮眠中。
元気な新芽が出るように
ふかふかの土を用意して春を待ちます。

バイオ茶風呂

2015年2月17日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0642-1

 

春にすこやかに芽吹くように
秋に刈った茶葉。
秋番茶などお茶として楽しむこともできますが
上水園では入浴剤にしています!

入浴剤といっても中身は
秋に刈った茶葉をお茶に加工した、れっきとしたお茶。
お湯に浸して、お茶風呂のできあがりです。
お茶の香りに包まれて、からだも芯から温もる感じ!
お茶の中に体を浸す、なんともふしぎな幸福感。
冬を温かく過ごすための、
上水園の常備品です。

正真正銘のお茶なので
浴槽に茶渋がつきやすいため
早めに引き上げ、お湯も放ったままにしない。
気をつけていてもやっぱりうっすらとは
色がつくんですけどね。
毎日入るので、私たちはあまり気にしていませんが
お湯を抜いた後はすぐにお掃除するように
しています。

販売はしていないのですが
ご興味をお持ちの方はご注文の際にお尋ねください。
これもまたバイオ茶の楽しみのひとつです。
http://shop.kamimizuen.com/

フキノトウ

2015年2月16日 | お茶畑より

DSC_0002

 

茶園で作業中のスタッフが
春を告げるフキノトウを見つけ、写真を撮ってきてくれました。
茶園のすぐそばでひっそりと芽を出していたとのこと。
春がほんのそこまできているのを感じます。

スタッフは2、3個採って
ひと足先に胃袋も少し早い春を堪能しました。

このページのTOPへ