宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

お知らせ

水出し茶を温める

2015年10月22日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0155-1

 

最近、肌寒くなってきたと同時に
水出し茶をお湯で出しても大丈夫ですか?という
お問い合わせをいただくようになりました。

もちろん、お茶ですので問題はないのですが、
水出し茶はお水専用に加工していますので、
どうしてもお湯だと出過ぎてしまったり
風味が変わってしまいます。
ですので、あまりおすすめはしておりません。

基本的にはお湯だし専用の温茶をおすすめしていますが、
手元にある水出し茶を使いたいということでしたら、
一旦水出ししたお茶を温める方法をお伝えしています。

少し手間がかかるようにも思いますが、
お湯出しにはない良いこともあるんですよ。

夏にためしてガッテンで放送されたエピガロカテキンの話は
覚えていらっしゃいますか?
エピガロカテキンはお茶に含まれるカテキンの一種で、
体をお掃除してくれるマクロファージを活性化させ
免疫力をアップさせるということで注目された成分です。

このエピガロカテキンは水出しにしたときだけ
効果を発揮するといわれていまして、
お湯で出すと一緒にカテキンも抽出されてしまうので
カテキンに働きを邪魔されるらしいのです。
もちろんカテキンも素晴らしい成分ですが、
エピガロカテキンを摂りたいときは水出しする必要があります。

茶葉をお湯で入れるのではなく、水出ししたお茶を
温めるということが重要です!

 

DSC_0137-1

 

温め方は、写真のように湯煎でもいいですし、
電子レンジでもOKです!
ただしグツグツと煮立てないでくださいね。
人肌程度に温めてお召し上がりください。

温かいお茶も楽しめて、エピガロカテキンも摂れる。
お茶の楽しみ方のひとつとして、どうぞお試しください。


このページのTOPへ