宮崎 上水園

いつでも、どこでも、だれでも、毎日あたりまえに楽しめる、お茶。

お知らせ

うがい茶

2014年10月24日 | バイオ茶の楽しみ方

DSC_0413

 

朝晩だいぶ冷え込むようになってきましたね。
「最近のどの調子が…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方にぜひオススメしたいのが「うがい茶」
お茶のなかに含まれているカテキンの殺菌作用で
風邪菌を寄せ付けない=風邪の予防になると
効果が期待されている方法なんです。

そういう私も、いつものどが痛くなってから、
あわててうがいをするような感じで。
でも、今年は絶対に「風邪菌をもたず、もちこませず」と決意!
子どもたちにも徹底させるべく、うがい茶をつくりました。

まず用意するのは、飲み終わったあとのティーパック。
おいしいお茶を出してくれた、このティーパックに
もうひと頑張りしてもらいましょう!

 

DSC_0366-1

 

小鍋でコトコト煮出します。
今回は、水500~600mlに対しティーパック3個を約15分煮出し
子どもでもうがいしやすい濃さにしました。
ちなみに、知人は5~6パック入れるそうです。
濃さはお好みでどうぞ。

 

DSC_0396

 

荒熱をとって
ペットボトルにうつしたら完成。
夕食後の洗い物をしている合間にちゃちゃっと作れちゃいます。

 

DSC_0411

 

実はこれ、知人が何年も前からやっている方法なんです。
彼女の家では、いつも洗面所にうがい茶が置いてあり、
家族全員それでうがいをしているので
ここ何年も風邪をひいていないらしいのです。
「ちょっと喉が痛いときも、2~3回うがいすればすぐに良くなるよ」と
うれしそうに教えてくれました。
ティーパックを再利用するのも素晴らしいですよね。

お茶に携わっている私たち以上に、お茶の良さを分かって
生活に取り入れてくれて。
彼女の日々の心がけには感心します。

 

DSC_0427

 

こうして我が家の洗面所にもスタンバイOK!!
この冬の強い味方「うがい茶」
みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

 


このページのTOPへ